4回目の鹿沼・岩山

 岩尾根を歩く練習になるので、栃木県の鹿沼・岩山に出向いた。私は都合4回目なのだが、何故か全部歩いたルートが異なっている。過去の山行を思い出しながらの記録とした。


1回目=2007年5月27日 岩峰の先で岩場歩きのトレーニング (メンバー9名)

会の企画山行で、メンバー9名ほど参加し、ワイワイガヤガヤ賑やかに歩いた。このころは、東武線新鹿沼駅から歩くのが普通で、岩山を猿岩まで行き往路を戻るという岩尾根トレーニングを実施。

目黒区連盟の岩トレを岩山の入口の岩峰で行ってきたので、その奥がこんなに面白いとは!猿岩は、他のパーティーもおり、鎖場通過は9名では時間がかかるので引き返した、と記憶している。

2回目=2007年11月22日 落ちた女性を救助 (メンバー2名)

 降りなかった猿岩が心残りであったので、先輩のTさんを誘って混まない平日に2人で新鹿沼駅から歩いて向かった。岩山自体は、念願の猿岩を降りることができたが、私達の後に続いた単独の中高年の女性が、鎖場で落ちてしまった。下方の灌木の茂みにドサッという鈍い音がしたが、上からは姿は確認できなかった。私がツエルトやテルモスなどを用意している間に、Tさんは女性のもとに行き着き、寄り添って幹線道路に出て、一般の乗用車にその女性を託したそうだ。

今も両手を上にして目を剥いた女性の顔を思い出す。その時は、鎖場は下まで降りずに、途中のバンドのところから登山道に下りた。

結局この時は、ゴルフ場とは反対方向の幹線道路から大回りして、新鹿沼駅に戻った。寒い日ゆえ鎖は冷たかったし、毛や軍手では鎖は滑るだろう。連続の鎖場なので、腕力がない女性は休みつつ下らないと、急な岩場は足も滑りやすいので要注意である。死亡事故も起きているので、女性が思いのほか軽症で、本当に良かった。

3回目=2012年4月17日 ゴルフ場の道路を利用して下山 (メンバー3名)

岩山に行きたいというメンバーとともに、やはり平日に3人で5年ぶりに岩山に出かけた。この時も歩いて岩山に向かい、岩峰で自衛隊が練習していたので、今日は何かあっても助けてもらえるね!などと話した。(前回の女性の事故も伝えていたので)他2人とは、幕岩や日和田山などで岩トレをしていたので、技量的には不安はなかった。それでも、当初予定日の前日が雨であったので、延期して実施した。

猿岩を無事降りてからは、ゴルフ場横の整備された通路を利用して、駅に戻った。同行した一人は、数年前の大晦日に病死され、ご遺族に岩山での写真を渡した。


4回目2020年11月7日(土) ◆山域:栃木県鹿沼市 ◆天候:晴れのちくもり 

◆メンバー:L=NN SL=CM EN KA YO (5人)

◆地形図:鹿沼 ◆資料:栃木の山120など 

◆装備:日帰りハイキング+スリング✙カラビナ+フリクションの効くシューズ+皮など滑らない手袋

◆ルート:新鹿沼駅バス9:11→鹿沼西中入口バス停9:18…日吉神社(身支度)9:32…岩峰…凝灰岩の岩山(▲328m)山頂11:32…猿岩12:15…舗装路13:40…新鹿沼駅


<日吉神社>

バスを降り、パン屋でパンを購入して日吉神社へ向かう。日吉神社からの登山道入口に、岩山の掟という注意事項の案内があり、黄色のコース誘導矢印は、前はなかった。ルートも所々変わっていて、ベンチも設置され、山頂標識も新しいものであった。

今回CMさん達が歩いたゴルフ場の通路は、本来は立入禁止であり、下山の登山道が新しく整備されていた。猿岩も鎖場の途中のバンドでなく、鎖場の下まで降りて下山路に向かった。台風などの影響だろうか、鎖場下の灌木が少なくなり、猿岩自体が今回は長く感じた。

<岩山の掟を守ろう!>

<岩場歩きが沢山できる>

<岩場登りも>

<途中の岩場に立ち上がると青空が大きい>

<眼下にゴルフ場と古賀志山>

<岩山山頂で、この標識も新設>

猿岩下降のために、フリクションの効く靴、皮などの手袋を持参した。最初だけ確保していただき、シュリンゲで作成した簡易ハーネスを着けて下った。鎖の設置方法が2段目の鎖からは簡易ハーネスでは止めることができないので、ここからは本気モード全開で鎖を持ち、足を岩に押し付けて降りた。鎖場の下を回り込むと以前はなかった登山道に出て、そのまま進むと畑の中から舗装路に出た。

山羊もいて、コスモスなど愛でながらのどかな西鹿沼の風景の中を歩き、14時台のバスがなかったので、帰りは新鹿沼駅まで歩いた。

<猿岩は一人ずつに慎重に下る>

<鎖様様です>

<のどかな風景の中を駅へ>

<バス停の標識が可愛い!>

私は4回目であるが、トップを歩くとルート探しも面白く、岩尾根歩きの練習に最適な岩山であると再認識できた。標高は低いが展望もあり歩き甲斐のあるコースでした。が、都内からは電車の乗り換えが多くて不便になり、新鹿沼駅が遠くなった気がした。以前は東武線浅草駅から快速で1本で新鹿沼駅に行けたので、帰りも浅草の神谷バーで電気ブランなども飲んで帰宅したものだ。今は、夜の宴会も自粛中です。(T_T)

アイキャッチ画像:コスモスと蜂

久しぶりの広沢寺

久しぶりの広沢寺

広沢寺温泉入口バス停から岩場に向かう春の景色が、のどかで好きなので、ヒルが出る前に計画した。平日岩トレは、約2名のリハビリも兼ねて実施した。...

早春の榛名山

早春の榛名山

企画山行の八ヶ岳がメンバーが集まらないので、急遽日帰りでの榛名山に変更した。めぐろ山学クラブ・仲間での山行で、榛名山は初見のメンバーもいて、...

梅の中でクライミング

梅の中でクライミング

2020年2月20日(木)曇りの予想以上に、青空が広がり、気持ち良いクライミング日和であった。私自身、膝のためクライミングも控えていたので、...